マレーシアという国は、その他の東南アジア諸国と比較すると、非常に治安や環境が良く安定している国だということが言えます。

 

また、他の国が経済的に成長を遂げるために大切な時期に、内乱や政変といった問題を抱えていて投資リスクが高すぎるといった面を持っていたのに対して、マレーシアは政治の面でも安定していたために大きな投資リスクを回避することが出来ると考えられます。

 

1980年代に工業化が推し進められて経済的に成長してきた頃から現在まで変わることなく安定性があるのです。

 

そのため、今後も経済成長が期待出来る国の一つとして世界的に注目されていくことでしょう。

 

そして、これから先も高い可能性を秘めている国としての大きなポイントとしては、マレーシアは非常に高い英語力を持っている国だということが挙げられるでしょう。

 

もともとイギリスの植民地であったということから熱心に英語教育がおこなわれており、英語はマレーシアの公用語の一つにもなっているのです。

 

経済の共通言語として英語が用いられておりますから、世界中のさまざまな企業がマレーシアに進出しやすいとも言えます。

 

マレーシアでの就職や転職を考えているという日本人も、まずは英語力を高めていきビジネスレベルで使いこなすことが出来るようにしておきますと安心です。

 

マレーシア語が母国語ですし、その他の公用語として中国語やタミル語なども用いられておりますので、これらの言語を使うことが出来るとより有利に働くことかと思います。