一年を通して温暖で過ごしやすいマレーシアですから、常に南国気分で服装もとても楽だということも移住される方にとっては有り難いことではないでしょうか。

 

しかし、宗教に馴染みの浅い日本人からするとイメージがしづらいかも知れませんが、マレーシア人の中にはイスラム教徒が非常に多いので服装に関してもみなさん戒律を忠実に守りながら生活しているということを頭に入れておきましょう。

 

たとえば、イスラム寺院などを訪問するときには、靴を脱いだり、サングラスや帽子を脱ぐ必要があります。

 

自分自身はイスラム教徒ではないから…とは言っても、周りのマレーシア人は宗教を非常に尊重しているわけですから、そういった場所に行くときには宗教の戒律を尊重してマナーを守るべきなのです。

 

そのようなマナーにつきましては、英語できちんと表記されていることが多いですが、英語が苦手という日本人ですと守らなくてはならない注意事項に気がつかないということもあります。

 

そのため、マレーシアでの就職や転職をするのであれば、事前にある程度現地の事情について知っておいた方がご自身にとっても良いかと思います。

 

常に半袖スタイルで楽に過ごすことが出来ますが、その分暑さのせいで熱中症になってしまったり、日差しが強くてお肌がボロボロになってしまうということもありますから、日焼け止めや帽子、タオルなどできちんとマレーシアの気候に対しての対策をするということも忘れてはなりません。